読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0322 センソウの目

f:id:karagegadaisuki:20170322223644j:plain

 

東京03のコントを見ながら、夕ご飯を食べ、

東京03のコントを聴きながら眠りに着く。

そんな毎日が続いている。

YouTubeに上がっているスマスマは、

全部見てしまった。

サンドイッチマンのコントも、

セリフを覚えてしまった。

 

動画鑑賞って、最大限に脳みそを甘やかしてる感じがして、すごく贅沢だ。

 Wikipediaとかtwitter見てるときも。

 あと、LINEニュースとか。

 脳みそが「いえーい!」って言ってる気がします。

 ◼︎春

 春になると自分を覆ってる膜みたいなものが、更に分厚くなる気がします。

 何故だろう。

 多分、春は空気がきれいに見えるからかな。

 植物、空、水、自然、、

 込み込みで空気とします。

 だから、目の前の風景がフィクションのように

 思えて悲しくなったり、嬉しくなったりします。 

 ◼︎カレーの魔法

 

f:id:karagegadaisuki:20170322223743j:plain

 最近ちょっと面白いことがありました。

 私を覆ってる膜みたいなものが、

 破けた瞬間があったんです。

 吉祥寺にある、行きつけのカレー屋さんに行ったとき。

 とてもお腹が空いていて、自分にご褒美だ!

 なんて言い訳付けて、1180円のスペシャルカレーを頼んだんです。

 大きいお皿に、こんもりと盛られたごはん、

 味噌の風味がするカレールー、優しく煮込まれた牛肉。

 福神漬けを、これでもかというくらい乗せて食べるのがお気に入り。

一口頬張った、その瞬間に膜が破れました。

私の胃に、カレーが入っていく瞬間、

「私は生きてるんだ!」って強く思いました。

カレーはすごい。神秘の食べ物だ。

 

(そのあと行ったんですけど、特に何もなかったです。スペシャルカレーだったからかな。)

 

◼︎終わり

人生はいつも過渡期のように思います。

一生は、毎日の積み重ねで、

毎日は刻一刻と過ぎてゆく時間を積み重ねている。

今ここにいる自分の地点は、

「点」でしかないんだけど、

振り返ってみると、ちゃんと道になっていて。

紆余曲折を経てたどり着いた今を愛おしむことが出来る。

 すごく良い意味で、「人生なんてそんなもんだ!」と言えるような女になりたい。

人生を語るには、まだまだ未熟過ぎて笑っちゃいます。

 

 

終わり

0310 遠くのようで身近な

 

f:id:karagegadaisuki:20170308100648j:plain

古本屋で働いている同級生が、本を何冊か貸してくれた。

彼女の選んでくれるストーリーはどれも温度感、人間味があって、

私にとって新鮮な作品ばかりである。

中でも一際心奪われた作品がこちら、巷で話題の

夫のちんぽが入らない | こだま |本 | 通販 | Amazon

気になっても立ち読みできないやつ。タイトル的に。

本の存在をもともと知っていた方は、

「作品名に反しておしゃれなデザインだな」と感じるだろうけど、

初めて作品を目にした私は「デザインに反してアグレッシブな作品名だな」と

いう感想を持っていた。

書店で見かけてから、気にはなったものの

自分で買う気合いもなかったのでスルー。(というか興味が湧かなかった)

古本屋の彼女が貸してくれたことがきっかけで、

先日やっと読むことができた。

(ネタバレ要素含。)

■夫のちんぽが入らない

f:id:karagegadaisuki:20170308102207j:plain

これは"結婚"という名の怪我をした、

血まみれ夫婦の20年史である。

帯にある松尾スズキさんの言葉。

確かに、”夫婦”が起点になった物語である。

だけどそれ以上に”家族”という存在が、

この物語の根として植わっているのではないか。と強く感じた。

 

■抜き出し

忙しさにかまけてチーズフォンデュを一度も食べさせて

あげなかったことを悔いだ。

私は夫の望むことすべてを経験させてやりたい。

 -チーズフォンデュを食べたことがないという夫。

同僚にからかわれ、落ち込みながら帰って来る夫の姿をみた作者が、

チーズフォンデュを食べさせてあげる、というシーン。

(この作品では貴重なほのぼのポイント)

「夫にチーズフォンデュを食べさせてあげたい。」

こんな些細なきっかけが、

「私は夫の望むことすべてを経験させてやりたい。」

なんて壮大なテーマに広がるのだ。

愛ってすごい。夫婦ってすごい。

と思う反面、ちんぽが入らないことの後ろめたさから来る、

罪意識が着火剤になっているのかな。とも思った。

(男女関係になる前に、一緒に食事をした場面の方がキラキラと書かれていた。)

 

私は違うから。私はあなたの話を聞き、約束を守るから。

--略--

その厚かましさや思い上がりこそが大人の嫌らしさなのかもしれなかった。

 -大学卒業後に小規模学校の教師になった作者。

新任早々、前年度学級崩壊を起こしたという問題のクラスを任されたのである。

学級崩壊へと、クラスを煽動していた少女ミユキとの出会い。

自分に、敵対心を持つ生徒への「誠実」な向き合い方とは何か。

暗中模索する過程で、作者が発する心の声は、

か細くて頼り甲斐がないんだけど、それこそが誠実に感じた。

作者が生徒と奮闘しているシーンを読んでいる途中、

ふと自分の小学生時代を思い出しました。

全然キレイな思い出なんてないけれど、

今でも尊敬している先生が一人だけいる。

(毎年、年賀状を送り合う仲。ちなみに担任には一度も年賀状もらったことない)

やはり、幼少時代に関わる大人っていうのはいつまでも

心に残るものなんだと思う。(よくも悪くも)

 

過去にこだわり続けたところで何も始まらないのだ。 

 -文中にしれっと出てくるけど、結構心に刺さった。

 

■まとめ

案の定、後半につれて書くのがめんどくさくなっちゃいました。

この本、読んだあとの副作用がすごい。

作者の生きる日々には、フィクションのように

ハッピーエンドなんてない。

だから、読んだあとの余韻が朝まで残っていて、

頭がぽかーんとしていた。

タイトルからお察しだけど、作中に何度か性描写がある。

このストーリーには、必要不可欠な要素だった。

たった195ページほどの本に、ぎゅっと圧縮された人生。

「夫のちんぽが入らない」という言葉は、

作者が、自分に見つけた欠損部分を、

少しでも浄化させるための常套句なんじゃないか。

だから正解の作品名だと思いました。

一言で収まる感想が見つからないけれど、読んでよかったです。

(下記リンクから試し読みできます)

www.fusosha.co.jp

0222 変わることは変わらない

f:id:karagegadaisuki:20170221213402p:plain

ひとつのことを続けるのは難しい。

誰かが、「変わらないことがあるとすれば皆 変わってくってことじゃないかな?」

って言ってました。*1

自分の生活を1日単位で振り返ってみると、

「何も変わっていないな」と思う。

1週間単位で振り返ってみても、

これまた「何も変わってないな」と思う。

1ヶ月でようやく何らかの変化に気づく。

半年経つとまず季節が変わっている。

そして1年経つと年齢が変わっている。

もしかしたら、たった1日で何かが変わっているかもしれない。

気づかないだけで。見逃しているだけで。

-

なぜいきなり変化の話から始まったかと言うと、

私が幼少時代から変わっていないものって、

一体何だろうって考えてたんです。

過去を振り返る機会があったので。

そしたら思いの外1個もなくて、ましてや幼い頃の記憶とかなくなっていました。

(思い出とかはあるんですけど、ここで言う記憶は当時抱いていた感情です)

私がパソコンだとします。

過去の記憶はデータ。そいつを保管しておくのが内蔵ハードディスク。

ハードディスクは長期保管できるれど、容量に制限があるから

ちょっとずつデータの入れ替えをしていかなくちゃいけない。

OSだってアップデートしていくし、どんどん私は変わっていく。

なんかパソコンに例えたらわかりやすいかなって思ったんですけど、

余計意味がわからなくなってきたので本題に入ります。

Mr.Childrenについて

私が9年間変わらず好きだった、「Mr.Children」。

先日の記事ではエレファントカシマシの名曲をまとめたので、

本日の記事では私の人生を彩ってきてくれたMr.Childrenの名曲集をお届けします。

SUPER MARKET FANTASY

f:id:karagegadaisuki:20170221221723j:plain

誕生日プレゼントで初めて父親にねだって買ってもらったCDがこちらです。

思い入れのある曲が収録されているわけではないので、曲紹介は特になしです。

深海

f:id:karagegadaisuki:20170221222144j:plain

ありふれたLove Story~男女問題はいつも面倒だ~

階段を登っていくような、アップテンポの曲調が好きです。

アコギの軽やかな入り方もお気に入り。

「一切合切飲み込んで未来へと進め」

すごく前向きな詩に見えるけど、

つらいことも、間違っていると思うことも、

飲み込んで見て見ぬ振りして生きて行かねばならぬ。と個人的に解釈してます。

花-Memento Mori-

中学生時代から大好きだった一曲。

当時聴いてた頃「大人になって聴いたら、今とは違う感じ方になるんだろうな」

と思ってました。

無理して飲んでたブラックコーヒーが、

自ら飲むようになっていく感じに似てます。

ゆっくり味わってみると苦いだけの味わいではなく、

甘さや酸っぱさも兼ね備えていて。

この曲も一言では表せない魅力が詰まっています。

(あとちょっと鬱っぽくなる)

 

BOLERO 

f:id:karagegadaisuki:20170221222237j:plain

幸せのカテゴリー

この1曲には甘くて酸っぱい男女の恋愛観が凝縮されている気がします。

当時両思いだった彼と一緒に聴いていて、

「恋人同士ではなくなったら、君のいいところばかり思い出すのかな?」

ってとこで、能天気にケラケラ笑ってました。

その時こそ、まさに私の幸せのカテゴリーです。

everybody goes-秩序のない現代にドロップキック-

結構家庭円満な18年間が、今では21年間になり、

自分の成長に改めて気付かせてくれます。

工藤新一(17)が年下になってしまったことと

何か通ずる情緒を感じさせる一曲。

(音楽や作品は変わらないけど、私は変わっていくんだ。ってことを伝えたい)

四次元

f:id:karagegadaisuki:20170221224843j:plain

ヨーイドン

イントロを聴くだけで当時の感情を思い起こすことができます。

入院していた頃、病室でずっと聴いてました。

窓の外の景色を眺めながら、絶対に私はあっちに帰る。と

決意させてくれた曲です。

「時間のタオルで磨いて」ってとこの声がすごくきれい。

Q

f:id:karagegadaisuki:20170221225616j:plain

NOT FOUND

もともとLIVE音源でしか耳にしたことがなく、

CD音源を聴いたらどハマりしてしまいました。

徐々にヒートアップしていく感じが好き。

上京して初めて住んだ部屋から最寄り駅までの道、ずっと聴いてました。

当時見た景色、匂いが今でも脳裏に焼きついています。

(だから音楽と記憶って強くリンクしていると思う)

つよがり

好きな人がいるけど上手くいかず悶々としている時に、是非聴いてください。

ロードムービー

歌詞の中にある情景が頭の中でリアルに再生できて、

センチメンタルな気持ちにさせてくれる一曲です。

夜中ドライブする時に絶対流してました。

Hallelujah

この曲は結婚式に絶対流すと決めています。

It’s a wonderful world

f:id:karagegadaisuki:20170221230736j:plain

one two three

こちらも上京して間もない頃、ずっと聴いていました。

最後にアントニオ猪木の声が収録されているんですけど、

あまりにも唐突すぎるので初めて聴いた時はすごく不安になりました。

UFO

有楽町線の車内を思い出します。

心地よいメロディーに癒されます。

Drawing

「絵に描いたとしても時と共に何かが色褪せてしまうでしょう」

「この素晴らしい煩わしい気持ちを真空パックしておけないもんかな」

何を食べたらこんなにも素敵な歌詞が思いつくんだろう。

■感想省略するけどとてもオススメ

・君が好き

・渇いたkiss

I♡U

f:id:karagegadaisuki:20170221232525j:plain

靴ひも

中学時代、友達にオススメされてハマった一曲。

恋愛中に聴くと、曲の魅力が最大限に発揮されます。

CANDY

www.youtube.com

(06:41~)

私がMr.Childrenの中で一番好き、そして思い入れのある曲。

ただのラブソングじゃありません。野暮ったく説明するのはやめます。

腹わたが痙攣を起こしてしまうくらい、感情を揺さぶってきます。

■最後に

いかがだったでしょうか。

私見ですが、最近の桜井さんはすごく音楽を楽しんでいますよね。

2000年代頭までは、音楽のあり方にすごく悩んでいたと思う。

当時の彼を渦巻く感情が、聞き手である私とリンクしていて

こんなにも心を揺さぶってくるのだと思います。

どっかでも書いたけど、やっぱり音楽は記憶の鍵ですね。

大好きです、ミスチル

www.youtube.com

こちらは私の葬式で絶対に流すと決めている一曲です。

 

おわり

 

 

0220 俺たちの明日

 

f:id:karagegadaisuki:20170219235516p:plain

 

頑張っている人はかっこいい。

私の中で「頑張っている人」のモデルとなる人物は、

エレファントカシマシのボーカル宮本浩次である。

宮本浩次 (エレファントカシマシ) - Wikipedia

f:id:karagegadaisuki:20170219222301j:plain

周囲とのギャップに悩みながら、さまざまな葛藤の中で、

己の命を燃やしながら生きている。

とか、、もっとたくさん彼の魅力について分析したいけれど

なんせ私には文才がないので、

百聞は一見に如かず、とにかく彼の音楽を聴いて欲しい。

ということで完全に私による私のための

エレファントカシマシ名曲をまとめました。

歴史前夜

www.youtube.com

このライブパフォーマンスは奇跡としか言いようがない。

すごく抽象的で申し訳ないけれど、うっとなる。

心臓痛くなる。彼の魂が胸を圧迫してくる。

さよならパーティー

www.youtube.com

 

一時期ずっと聴いていた曲です。

曲名にある「パーティー」が指すものってなんだろう。

ずっと聴いてるけど腑に落ちる意味が見つからない。

パーティーってもしかしたら人生かな。なんて勝手に意味付けたりして、

仮にそうだったとしたらかなりネガティブな曲になるな、とか。

逃げても、抜け出しても絶対に帰ってこいよ。と言われている気分になります。

 

流れ星のやうな人生

www.youtube.com

 

「随分遠くまで来たな。」

この一言に全てが凝縮されている気がする。

一生懸命息つく間もなく走り続けて来て、

ふいに立ち止まって振り返ったときに

自分はもうここまで来てしまったのかって。

そんなことを思うし、多分何十年後に聴いても同じこと思うんだろう。

普通の日々

www.youtube.com

普通の日々が、本当に普通の日々として表現された曲。

このメロディーを聴いて思い浮かぶのは、

小田急線沿いが生活圏だった頃、

当時住んでいた部屋から見える外の町並み。

夕方とか、夜の時間帯に一人で聴くのはあんまりオススメしません。

デーデ

www.youtube.com

「友達なんかいらないさ、金があればいい」

友達も金もない私は一体どうしたら良いんでしょうか。

友達がいるのさ

www.youtube.com

朝日が登って、部屋に光が差し込んでくるイメージ。

曲調が。

ほんと、東京中の電気を消して夜空見上げてみたい。

珍奇男

www.youtube.com

本当意味わからないけど、いやわかるんだけど、

理屈とか抜きで好きな曲。

さらば青春

www.youtube.com

学生時代、全然エレカシのこと知らなかったのに

当時のことを思い出す。須坂の街とか、通学中の景色とか。

もし、私の人生が映画化されたら主題歌にしたいと願う一曲です。

sweet memory

www.youtube.com

こちらも、小田急線沿いに住んでいた当時ずっと聴いていました。

人ごみを歩くときなんかも、BGMにしてます。

なんだか前を見て歩けている気がするから。

涙なしでは聴けない、思い入れの強い一曲。

平成理想主義

www.youtube.com

徐々に拓けていく感じがする、曲調が好き!

ズレてる方がいい

www.youtube.com

カラオケで歌うとすごく気持ち良い。

あー生きようってなる。(ここまで書いてきて少しめんどくさくなってきた。)

FLYER

www.youtube.com

「あの水平線をたどって、たぐり寄せたら」

この絶妙な音程をこんなにもカッコよく歌えるのは

当たり前だけど、世界で宮本浩次だけだと思う。

こちらに関してはCDよりLIVE音源の方が好き。

あと去年の日比谷野音で聴けたのがすっごい嬉しかった。(私の記憶が正しければ)

季節はずれの男

www.youtube.com

「己に言い訳するな、ダサいぜ」

「努力を忘れた男の涙は汚い」

「言い訳するなよ、己を愛せよ」

自分で自分にプレッシャーかけて、潰して、

すがるもの、頼るものなく生きていく男の人。

「ライバルでなき友よ、さらば」

ここの歌詞って古株ファンの方はどう解釈してるんだろう。

男の生き様や、それに付随するプライドがガンガン感じられる一曲。

イージー

www.youtube.com

すごい芸術。(語彙力がない)

ガストロンジャー

www.youtube.com

疲弊してるとき、レッドブル飲むならガストロンジャーを聞くべきです。

多分これも去年生で聞いたかな。鳥肌が止まらなかった。

生きてるのバカらしくなる。でももっと強く生きたい。

そんな感じです。

今宵の月のように

www.youtube.com

何かを決めようとするとき、いつも聴いてる。

最近も、人生の中でも割と大き目な決断をしたときに聴いた。

あと、それこそ月が綺麗に見えたときも聴きます。

終わりに

以上です。

反省点として、書いている途中にめんどくさくなってしまいました。

(考えるのがめんどくさいんじゃなくて、音楽から得た

インスピレーションを言語化するのって野暮じゃないか?

という雑念が生まれてしまった)

この文章を書いた意図は、

・「私はエレファントカシマシの何が好きなんだろう?」という自問自答

・単純に好きな曲をまとめて振り返ってみたかった

上記二つにあります。

付加価値として、少しでも共感してもらえたら嬉しいと思います。

音楽の持つ力って偉大なので。

それと、私は「頑張っている人」がとっても好きです。

上から目線に聞こえるでしょうか、ここでいう「好き」

という感情は尊敬の意味があります。

「頑張っている人」が作る音楽だからこそ、

胸を締め付ける魅力があるんだなあ、と。

明日も頑張ろう。

おわり

0128 笑える人は強い

f:id:karagegadaisuki:20170128140816j:plain

■笑える人は強い

思考が前進してくれない。

同じ場所を掘り続けているだけで何も見つからない、宝探しのように。

私がよく思いつく瞬間って、一人で道を歩いているときなんですね。

閃いたことを事細かにメモするのって億劫だし、

後で思い返しても新鮮味だったりリアルさに欠けると思っている。

ふと今までにないような革新的且つ斬新な(自分にとっては)発想が生まれても、

すぐにゴミ箱行きか、上書き保存してしまう。

あーもったいない。

 

■悪くも愛おしい

承認欲求って悪いもの扱いされすぎじゃないですか?

「あの子ってよく自分の写メSNSに載せ過ぎだよね。

承認欲求の塊じゃない?まぢうけー」

みたいな呟きをTwitterで見かけることがあります(若干誇大表現していますが)

ちょっともう一度質問させて下さい。

承認欲求にどんなイメージを持っていますか?

人間には三大欲求といわれるものがありますよね。

私なんかは食べ物に対する欲求が人一倍ある方なんですけど、

食欲強すぎて咎められることもないし、損したこともないです。

好きな人の前では打算的に少食ぶったりなんかはしますけど、

食欲に素直な自分を恥じることってないと思うんですよ。

なのに世間って承認欲求に対して異常に神経質なんじゃないか?

このことに気付いたのも私が一番承認欲求に対して敏感であるからです。

だからちょっとこの3日間くらい「承認欲求」と向き合ってみました。

■承認欲求のタイプ

自分が置かれている環境に応じて

承認欲求の属性が変わってくることに気づきました。

環境を大きく以下の2つに分けます。

・大人数

-職場、学校など大人数で関わり合う環境

・1対1

-夫婦、恋人など一人ひとりが向き合う環境

 

□大人数に置ける承認欲求について。

これはもうめちゃくちゃ苦しいです、つらいです。

端的にいうと死にたくなるくらいには、つらいです。

はい。大人数のコミュニティから生まれる承認欲求っていうものは、

思わず語彙力を失くしてしまう程つらく苦しいものなんですよね。

「上司にこう見られたい」「先生に褒めてほしい」

「自分はこんだけやってるんだからもっと評価されるべきだ」

「どうしてあいつの方がモテるんだろう」

多くの承認欲求が飛び交っているせいでWi-Fiの接続も不安定になるレベルです。

なぜ、大人数に置ける承認欲求は

自分にとってマイナスに作用してしまうのでしょう。

私が辿り着いた考えはは、自分を評価してくれる対象が不特定多数であるからです。

職場で言えば、直属の上司、チームのリーダー、同僚、

学校で言えば、先生、友達、クラスメイト。

上記で挙げた対象以外にも、日常生活を送る中で自分と接する人多くいますよね。

自分を評価したり、はたまた自分自身が比較しようとする対象が

多ければ多いほど自分を悪い思考へと導こうとします。

(この環境を原動力やバネとしてポジティブに生き延びる方も

数千万人に何十人かは存在するかと思いますが私基準でお話させて下さい)

対象が不安定な「認められたい」という欲求は、

食べればすぐに収まる食欲なんかよりも

遥かに怖く間接的に私達の心と体を蝕んでゆくのです。

□1対1から生まれる承認欲求

さて、上の説明では再三承認欲求を悪者扱いしてしまいましたが、

「ちょっとまって、承認欲求ってこんなに美しく尊いものなんだよ」

って主張もさせて下さい。

「私」対「特定の相手」

つまり1to1の関係性に位置する承認欲求は、

原始時代から潜在的にある欲求なのではないか。

という考えにたどり着きました。

例えば1to1の相手が彼氏だった場合。

「誰かに認められたい」に入る「誰か」が

「たけしくん(彼氏の名前)に認められたい」に変わる。

何が言いたいかというと、

抽象度の高いあやふやな目的(対象)に敏感になるよりも、

具体性のあるはっきりとした目的(対象)に意識を向けたほうが

人は何倍もの力を発揮しモチベーションを維持します。

常に他方位にアンテナを張り続け、

良い自分を演じ続けていると、疲れます。

パフォーマンスクオリティも下がります。

自分の中で目的や対象を明確にすることによって、

行動に深みが増し、着地点を見失うことなく前進することが出来ます。

絞った的に注力すれば余計な労力を掛けずに済みます。

確かそんなようなことをドラッカーも言ってました。

booklive.jp

 

■強引にまとめ

ここまで流し読みをしてくださってありがとうございます。

強引に取りまとめると、

-承認欲求は1to1のコミュニケーション内でフルに活かしていくべき。

-分散してしまうと「自分らしさ」がわからなくなる。

-承認欲求って恥ずかしくないよ。

ということ。

私はまず、自分の承認欲求を承認してあげることから始めてみます。

もし承認欲求が人間化して目の前に現れたら、

なんとも可愛いものだろうなぁと思います。

「お前、そんなに認められたかったのか!可愛いやつだなあ。」

といって抱きしめてあげたいくらいです。愛おしいですね。

どんなモノも言ってしまえば「使い用」なので、

うまく飼いならして生きていったほうが楽になるんじゃないかな。

 

■おわり(タラレバ女子について小言)

最後、ちょっとネガティブな意見になるんですけど

今ドラマ化されてる「東京タラレバ女子」。

あれって需要あるんですかね?!

個人的に東村アキコさんの画風が好きで

Web漫画でレンタルして読んでみたんですよ。

普段、作品の意図に対してそこまで深掘りするタイプじゃないけど、

タラレバ娘に関しては作者の思考や性格をリアルに

感じすぎてしまうため好きになれなかったです。

休日、演説を垂れ流ししている選挙カーが家の前を通って、

聞きたくもないのに聞こえてしまうような状況とちょっと似てました。

一方的な主張は溝を作りますよね。そんな感じです。

ドラマについては、吉高由里子さんが個人的に大好きなので

帰省したら見ようと思います。

漫画は東村アキコさんの画風が好きなので、

作者の意図を感じなくて済むような作品を選んで楽しみます。

kc.kodansha.co.jp

 

めろぽんだし!!可愛い。

おわり

0117 生きているのはじぶん

 

f:id:karagegadaisuki:20170117212200p:plain

分かれ道を進むとき、

「どちらの道が正しいと思いますか?」と、聞きがちだ。

普段の生活を振り返ってみると、

「どうしたらいいと思いますか?」と、質問しがちだ。

自分ゴトを俯瞰してしまう。

これはきっと逃避だ。

失敗しても傷つかないための保険を作っているのだろうか。

と、電車の中で考えていたらシンプルな答えを見つけた。

私は自分の意見に自信がない。

心の根底では、まだ自分という人間を信用しきれていない。

自信のなさが、無意識に防御線を張っているのだと思う。

 

■内なる言葉と向き合う

昨年からずっと購入しようか思い悩んでいた本をついに買いました。

www.amazon.co.jp

 

「言葉にできる」は武器になる。

吉祥寺の本屋さんに平積みされていて

表紙を見た瞬間に即決買おうと思った。

しかし、定価の本を買うのは二ヶ月に2回までというのが私のルールだ。

そのルールを忠実に守り、ようやく先日手にすることが出来た。

まだ半分しか読み進められていないが、

現時点で費用対効果を抜群に感じている。

新年初、成功した自己投資だと思う。

本の著者である梅田悟司さんはこのように言っている。

「外に出る言葉だけでは、人の心を揺さぶることはできない。

内なる言葉と向き合ってこそ、初めて言葉に深みが生まれる。」

この言葉にはっとしました。

いくら口上手に話すことが出来ても、

それは小手先だけの技術であり、自分の言葉に出来ていない。

源泉から湧き出てくる思考と向き合い咀嚼して腑に落とす。

そこで初めて自分の言葉として外に出ていくらしい。

なるほどなぁ、と感心する一方で耳が痛くなるような内容でもあった。

私は「考えているつもり」が多い。

思考の根幹を見ているつもりが、ずっと上澄みばかりを見ていただけかもしれない。

改めて自分の足元を見直し、内なる言葉と対峙していかねばと思いました。

まだ半分しか読んでないけどね。

 

■人の平均寿命が長くなっている

大変なことだ。

長く生きられても50歳と見積もっていただけに、

この事実は私にとって大きな誤算である。

にしても、こんなにも不自然な世界なのに

どうして平均寿命が延びているのか。

原因は何にせよ、この先をどう生きていくかをもう一度

考え直す必要がありそうだ。

人生を軸にしたら壮大なテーマになってしまうから、

20代、30代、40代、と年代ごとに括って考えてみよう。

最後はすべて繋がるのだから。

とりあえず今はいろんなことに挑戦しよう。

心の赴くままに、次の分かれ道を進んでみます。

 

 

 

0108 カレーのブログでした

f:id:karagegadaisuki:20170108141111p:plain

 

地元に帰省したら驚くくらい星がキレイに見えた。

月と金星の距離が近くてトルコの国旗みたいだった。

やっぱりわたしは宇宙が好きだ。

答えに正解がないから思考に終わりが来ないし、

自分勝手に妄想を膨らませることが出来る。

とかいろいろ考えてブログ名を「生まれたての宇宙」に変更した。

 

■私の好きなカレー屋さん

自分ごとのネタがないので、

好きなカレー屋さんを紹介します。

 

1.般若-パンニャ-

f:id:karagegadaisuki:20170108142158p:plain

 

・おすすめPOINT

-鶏肉ホロホロ

-スパイスたっぷり二日酔いにおすすめ

-ターメリックライスと一緒にフライドオニオンが

炊き込まれているのでライスだけで、もう美味しい

-塩づけキャベツがめちゃくちゃ美味しい

-チャトニがココナッツ風味で美味しい

-美味しさ100%で出来てる

・詳細URL

cafe 般゜若

 

2.YOUNG

f:id:karagegadaisuki:20170108142157p:plain

・おすすめPOINT

-牛すじがとろとろ(牛すじカレーはレギュラーメニューじゃない)

-店内お洒落すぎ

-店員さんがやさしい

-自家製らっきょう、福神漬、一口おかずが嬉しい

-紹興酒につけられたうずらが美味しい

-スプーンが可愛い

・詳細URL

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13190846/

 

3.カレーの惑星

f:id:karagegadaisuki:20170108142154p:plain

 

・おすすめPOINT

-付け合せがおしゃれ(パイナップルが斬新)

-店内狭めなのでお一人様向き

-辛い、体に良さそうな辛さ

-ブラックペッパーの辛さが強い

-おしゃれ&おしゃれ

-おしゃれの二乗

-おしゃれな上に美味しい

・詳細URL

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13194397/

 

いかがでしたか。

お店所在地は3店舗共カレータウン下北沢です。

是非行ってみて下さい。

 

私事ですけどイラスト掲載用のinstgramを開設したので

この記事を読んでくださった方は必ずフォローして下さいね(嘘です)

からあげーぬ (@kara_age_chan) • Instagram photos and videos

 

年始早々胃腸の調子がすこぶる悪いです。

しばらくカレーなどの刺激物は避けることにします。

 

おわり