0220 俺たちの明日

 

f:id:karagegadaisuki:20170219235516p:plain

 

頑張っている人はかっこいい。

私の中で「頑張っている人」のモデルとなる人物は、

エレファントカシマシのボーカル宮本浩次である。

宮本浩次 (エレファントカシマシ) - Wikipedia

f:id:karagegadaisuki:20170219222301j:plain

周囲とのギャップに悩みながら、さまざまな葛藤の中で、

己の命を燃やしながら生きている。

とか、、もっとたくさん彼の魅力について分析したいけれど

なんせ私には文才がないので、

百聞は一見に如かず、とにかく彼の音楽を聴いて欲しい。

ということで完全に私による私のための

エレファントカシマシ名曲をまとめました。

歴史前夜

www.youtube.com

このライブパフォーマンスは奇跡としか言いようがない。

すごく抽象的で申し訳ないけれど、うっとなる。

心臓痛くなる。彼の魂が胸を圧迫してくる。

さよならパーティー

www.youtube.com

 

一時期ずっと聴いていた曲です。

曲名にある「パーティー」が指すものってなんだろう。

ずっと聴いてるけど腑に落ちる意味が見つからない。

パーティーってもしかしたら人生かな。なんて勝手に意味付けたりして、

仮にそうだったとしたらかなりネガティブな曲になるな、とか。

逃げても、抜け出しても絶対に帰ってこいよ。と言われている気分になります。

 

流れ星のやうな人生

www.youtube.com

 

「随分遠くまで来たな。」

この一言に全てが凝縮されている気がする。

一生懸命息つく間もなく走り続けて来て、

ふいに立ち止まって振り返ったときに

自分はもうここまで来てしまったのかって。

そんなことを思うし、多分何十年後に聴いても同じこと思うんだろう。

普通の日々

www.youtube.com

普通の日々が、本当に普通の日々として表現された曲。

このメロディーを聴いて思い浮かぶのは、

小田急線沿いが生活圏だった頃、

当時住んでいた部屋から見える外の町並み。

夕方とか、夜の時間帯に一人で聴くのはあんまりオススメしません。

デーデ

www.youtube.com

「友達なんかいらないさ、金があればいい」

友達も金もない私は一体どうしたら良いんでしょうか。

友達がいるのさ

www.youtube.com

朝日が登って、部屋に光が差し込んでくるイメージ。

曲調が。

ほんと、東京中の電気を消して夜空見上げてみたい。

珍奇男

www.youtube.com

本当意味わからないけど、いやわかるんだけど、

理屈とか抜きで好きな曲。

さらば青春

www.youtube.com

学生時代、全然エレカシのこと知らなかったのに

当時のことを思い出す。須坂の街とか、通学中の景色とか。

もし、私の人生が映画化されたら主題歌にしたいと願う一曲です。

sweet memory

www.youtube.com

こちらも、小田急線沿いに住んでいた当時ずっと聴いていました。

人ごみを歩くときなんかも、BGMにしてます。

なんだか前を見て歩けている気がするから。

涙なしでは聴けない、思い入れの強い一曲。

平成理想主義

www.youtube.com

徐々に拓けていく感じがする、曲調が好き!

ズレてる方がいい

www.youtube.com

カラオケで歌うとすごく気持ち良い。

あー生きようってなる。(ここまで書いてきて少しめんどくさくなってきた。)

FLYER

www.youtube.com

「あの水平線をたどって、たぐり寄せたら」

この絶妙な音程をこんなにもカッコよく歌えるのは

当たり前だけど、世界で宮本浩次だけだと思う。

こちらに関してはCDよりLIVE音源の方が好き。

あと去年の日比谷野音で聴けたのがすっごい嬉しかった。(私の記憶が正しければ)

季節はずれの男

www.youtube.com

「己に言い訳するな、ダサいぜ」

「努力を忘れた男の涙は汚い」

「言い訳するなよ、己を愛せよ」

自分で自分にプレッシャーかけて、潰して、

すがるもの、頼るものなく生きていく男の人。

「ライバルでなき友よ、さらば」

ここの歌詞って古株ファンの方はどう解釈してるんだろう。

男の生き様や、それに付随するプライドがガンガン感じられる一曲。

イージー

www.youtube.com

すごい芸術。(語彙力がない)

ガストロンジャー

www.youtube.com

疲弊してるとき、レッドブル飲むならガストロンジャーを聞くべきです。

多分これも去年生で聞いたかな。鳥肌が止まらなかった。

生きてるのバカらしくなる。でももっと強く生きたい。

そんな感じです。

今宵の月のように

www.youtube.com

何かを決めようとするとき、いつも聴いてる。

最近も、人生の中でも割と大き目な決断をしたときに聴いた。

あと、それこそ月が綺麗に見えたときも聴きます。

終わりに

以上です。

反省点として、書いている途中にめんどくさくなってしまいました。

(考えるのがめんどくさいんじゃなくて、音楽から得た

インスピレーションを言語化するのって野暮じゃないか?

という雑念が生まれてしまった)

この文章を書いた意図は、

・「私はエレファントカシマシの何が好きなんだろう?」という自問自答

・単純に好きな曲をまとめて振り返ってみたかった

上記二つにあります。

付加価値として、少しでも共感してもらえたら嬉しいと思います。

音楽の持つ力って偉大なので。

それと、私は「頑張っている人」がとっても好きです。

上から目線に聞こえるでしょうか、ここでいう「好き」

という感情は尊敬の意味があります。

「頑張っている人」が作る音楽だからこそ、

胸を締め付ける魅力があるんだなあ、と。

明日も頑張ろう。

おわり