0630 進化したくない論

f:id:karagegadaisuki:20170630190701p:plain

ミスチルのライブに行ってきた。

1年3ヶ月ぶりくらい。

帰り道、総武線に揺られながらいろいろと

思うことがあったのでまとめてみる。

 

今年の誕生日に、

『とんでもなく美味しいケーキを食べてやるぞ!』

と意気込んで、以前から気になっていたケーキ屋さんで

ショートケーキを頼んだ。

真っ赤で大きな粒の苺が乗った、

シンプル・イズ・ベストな正統派のショートケーキ。

わくわくしながら、一口頬張る。

が、思いの外あんまり美味しくなくて、

拍子抜けしてしまった。

後半は胸焼けがして、コーヒーで流し込んだ。

美味しいものを食べすぎたせいで、

高尚な味覚になってしまったわけではない。

 

SEIYUで売られているような、

安価なショートケーキだって

美味しく感じられる幸せな味覚の持ち主だったのに…。

この謎は未だに原因不明である。

以前味わったこの感覚を、

今回のライブで再び感じていた。

 

あともう一つ、考えていたことがある。

桜井さんのMCって、ライブで一番要らない時間だと

思っていたんだけど、今回は言葉の一つ一つが

きちんと脳裏に焼き付いていて。

(ちゃんと聞く姿勢になって聞いたからかもしれない!)

その言葉を自分なりに咀嚼してみると、

川で遊ぶ水切りとリンクしているな、と思った。

この話はいつかまた違う機会にちゃんと記録する。

 

最後に一つ、今回のライブで感じたこと。

中盤くらいでザ・ロックっぽい曲やってたんだけど、

何故か異常に悲しくなってやり切れない気持ちになった。

変わり続けることは、素晴らしいけど

美しいもんでもないかもしれない。

 

なんか、「今回のライブあんまりよくなかったんだな」

と感じさせてしまうようなつぶやきだけど、

最高のライブだった。

 

その帰り、めちゃくちゃお腹が減ってたから

吉祥寺のラーメン屋さんに行ったんだけど、

それがもう、とんでもなく美味しかった。

今も鼻腔に豚骨の香りが残っていて、

想像だけでご飯食べられちゃうくらい。

 

心の感度は鈍っても、食欲は衰えない、

自分の動物らしさに惚れ惚れした一日だった。

 

おわり