0718 かく語りき

f:id:karagegadaisuki:20170718232918j:plain

ここらへんは飛ばし読みして良い 

ゲリラ豪雨の最中、傘を忘れて歩いていると、

後ろから車の近づいてくる音がした。

狭い道だったので歩道側に寄ると、

車の窓から、見知らぬ男性が「傘あげます!」と言って、

ビニール傘を差し出してくれた。

あまりにも咄嗟の出来事に驚いてしまい、

「すみません。」としか言えなかった。

ありがたく傘を受け取ったが、車が去って行った後に、

『今のは「ありがとうございます。」だったよな…。』と

自責の念に駆られた。

結構強めの雨だったし、鞄にはパソコンと大事な本が

入っていたので、本当に本当にありがたかった。

よくよく考えると、Youtuberの企画だったのかもしれない。

「雨の中、傘をさしていない歩行者に傘を渡してみたwww」

っていうネタありそう。

人から優しくされることに不慣れなため、

純粋であろう親切を、ついつい曲解してしまう。

こういう癖、多分今年で辞める。

-

エレファントカシマシのライブから一週間以上の時間が経つ。

あの日以来、夢のような感覚が醒めなくて、

心と身体の乖離が大きくなっていく。

まつもと市民芸術館に心を置き忘れてしまったみたい。

ぶっちゃけた話をすると、ライブに行く前までは、

それほど期待していなかったし、

なんなら座って見られるかもしれない、

なんて寝ぼけたことを考えていた。

あの空気感の中、座った状態で鑑賞していたら

周りのファンの方々に殺されていただろう。

ライブ後、えも言われぬ虚脱感、喪失感に苛まれ、

この先の人生に、なんの楽しみも見出せなくなった私は、

エレカシのCDを借りまくり、衝動的にファンクラブへ加入してしまった。

熱が冷めないように、今回もエレカシ名曲をまとめてみる。

前回のやつ

エレカシまとめ

女神になって

www.youtube.com

今モーレツに「ライフ」(2002年)というアルバムに

ハマっているのだが、その中でも頭一つ抜けて好きな曲。

サンキュー、男はつらいな。

 ボーカルの恋愛観について、想像力が鍛えられる。

時間だけ流れてく変な人生

 この一節の力強さったらない。

単純明快と複雑怪奇が同居してる感じ。

もはや頭では理解できない。考え過ぎたら多分死ぬ。

 

花男

www.youtube.com

歌詞の見解は特にないが、

純粋にメロディーとライブパフォーマンスが大好き。

 

星の降るような夜に

www.youtube.com

 

もうタバコも切れたぜ

 ってとこかっこいい。

星の降るような夜に肩組んで歩けるような

仲間が欲しかったと切に思う。

 

やさしさ

www.youtube.com

名曲を安売りしたくないので、まとめるか否か迷ったが、

このブログにおける影響力など、

間違いなくゼロに等しいので載せておく。

とにかく惜しい。

数あるエレカシ名曲随一、過小評価されている名曲と思っている。

 

それを愛と呼ぶとしよう

www.youtube.com

史上最高のラブソング。

この曲でもいろいろと想像力が鍛えられる。

 

月の夜

www.youtube.com

月の顔が見られる野音で、是非とも聴きたい一曲。

(去年の野音は雲がかっていて見られなかった。)

 

シグナル
 

www.youtube.com

シグナルも、本当は出し惜しみしようかと思った名曲の一つ。

曲全般に言えることかもしれないが、

歌詞やメロディーに対する見解だったり考察が、

いかに脆くて野暮なものなのかと再認識する。

 

暑中見舞-憂鬱な午後-

www.youtube.com

俺の両腕いまだ勝利なく

されどこれという敗北もなく

受け入れ難き凡々たる自分の人生と、

果敢に対峙する様がやけに身近に感じる。

 

まとめ

何度も言うことになりそうだけど、

ボーカルが私の半径1m以内(決して誇大表現ではない)にいたこと、

3回くらい目が合ったこと(気のせいではない)は、

数少ないエレカシファンの知り合いに自慢していきたい。

ライブの余韻が肥大して、副作用を起こしていた毎日が、

落ち着きを取り戻してきた。

 

冷静になった今、ファンクラブに入ったことを少し後悔している。

いやこれは嘘で、ライブ以来平穏なんてものと

かけ離れてしまった。

何が何でも日比谷野音行きたい。

 

終わり