0802 穴があったら

f:id:karagegadaisuki:20170802221845j:plain

思えばエレファントカシマシに振り回されてきた人生だった。あまりにも唐突だが、日乃屋のカレー(めちゃくちゃ美味い)を食べながら、ふと思ったのである。

 

あいかわらず超主観的な意見だけど、音楽を聴くにあたってメロディー重視で聴く人と、歌詞重視で聴く人って別れるじゃないですか。(もちろん二者択一ではないけれど)

私は圧倒的に後者なので、好きなアーティストのインタビュー取材での回答や、名言として崇め奉られたりする歌詞の一節に、いちいち感動を覚えてしまうし、お布施でも渡した方がいいんじゃないか、と思う程の恩恵を受けているんですよね。もはや新興宗教です。彼ら(エレファントカシマシ)からしたらまったくもっていい迷惑なんでしょうが。

 

私が翻弄されている原因、それは間違いなく宮本浩次の書く歌詞にあります。「あの曲では死ね死ね言ってたくせに、この曲では頑張ろうぜ!とか言うのやめろ!」って具合。エレカシ宮本の書く歌詞は、とてもわかりやすく「」と「」に分かれているような気がしていて。いきなり「死ね!」なんて罵声を浴びせてきたかと思えば、「いつかは傷つけてごめんね」なんて甘い囁きでなだめてくるのだ。DV男の典型的な例である。とんでもないサイコパスだ。恐らく女性のエレカシファンは、こういうところに魅力を感じてしまうんじゃないだろうか。要するに、宮本の高度且つ鮮やかな手のひら返しによって、振り回されてきた人生だったということを言いたい。(宮本の計算高いところは、暴力的な歌詞、穏やかな歌詞の他に、聞き手の同情を誘うような、弱い男の歌詞を書くところにある。と思う。) 

最近ハマっているエレカシの聴き方

1.デーデ

www.youtube.com

2.太陽ギラギラ

www.youtube.com

3.穴があったら入いりたいwww.youtube.com

これ最近一番好きな曲だから言及する。思わず、穴があったら入いりたいと思ってしまうような陰々滅々とした人生を、こんなにも明るく表現するなんてずるい。PVだって映像演出に力を入れているようには見えないし、煙にまみれた中年男性4人が楽しそうにタバコ吸って戯れてるだけなのにすこぶるかっこよくてつくづくずるいなぁ、と思う。

神様もっと光を木漏れ日の中歩くような

そりゃあ表通りだけが人生じゃないだろうが

この一節が死ぬほど好きです。 

4.凡人-散歩き-

www.youtube.com

5.RAINBOW

www.youtube.com

6.風と共に

www.youtube.com

アッパー系の曲とダウナー系の曲をバランス良く聞くと精神の均衡が保たれるのでおすすめ。

まとめ

エレファントカシマシのファンクラブ入って良かったです。会報のインタビュー記事とかすごい有意義でした。これまた最近思うことの一つなんですが、赤羽あたりにエレカシ流しっぱで土日の真っ昼間から営業してる堕落的な酒屋とかないんでしょうか。もしあったら相当お金を落としに行く気がする。土日はお酒を飲んで寝ていたい。

最近エレファントカシマシに関することばかりなので、次回はカレーについて記録できればいいな〜なんて思ってます。

終わり