0217 春のうた

f:id:karagegadaisuki:20180217155950p:plain

春の風の匂いは人をダメにする。全員かはわからないけど、確実に私はダメになる。

高校を卒業してから何年も経ってるはずなのに、心はまだセーラー服を着た幼稚な私のままだ。東京にもいくつか桜の名所があるけれど、やっぱり今も鮮明に想い出されるのは地元の桜だな、と思ってしまう。

過去ってどのくらい経ったら過去になるんだろう、と考えていた。つい昨日のことを過去だと言う人もいれば、何十年も前の出来事を過去だと言う人もいる。

ぶっちゃけ私はどっちでもいいし、そんなことより東京03のコントが面白すぎることを伝えたいけれど、せっかくだから過去について考えてみたい。

f:id:karagegadaisuki:20180217144133p:plain

私にとって過去とは、当たり前に自分の人生で切り離せない大事な要素である。

「もう過ぎてしまった時」と、時間軸でカテゴライズするにはもったいないほどの多様な過去を人それぞれ携えている。それは、例えば「思い出したくない過去」であったり「愛おしい過去」であったり、当時の自分の感情によって色付けられた過去だと思う。

 前者の「思い出したくない過去」について、これは最近思うことだけど、自分が人生を進めるごとに、薄くなって行くものだなぁ、と感じている。薄れて行くのは、当時の記憶や感情だけでなく、その過去をコンプレックスとして「思い出したくない」と自棄に蓋をしてしまう私のプライドである。なんかわかりづらいですね。

f:id:karagegadaisuki:20180217153550p:plain

要するに、時間経過によって過去は形状や濃淡を変え、最終的にはどうでもよくなるかもしれないし、からあげはうまい。ということである。もうよくわかんない。

 

私は無意識に過去についてたびたび言及してしまうのだが、それも自分を形成する要素をまるごと愛してあげたい、という自己愛から成り立っているのではないか、という落とし所を見つけた。

 

春の風の匂いでだんだん眠くなって来たのでそろそろ終わりにするんだけど、最近スピッツにはまっている。スピッツにだけははまらない。スピッツにはまったら私は完全ミーハー、王道を好むつまらない女になる!みたいなことを散々周りにうそぶいてきたのに、このザマである。全部春のせいだ!

 

終わり